BLOGミグレ・プリエ

  • HOME
  • ミグレ・プリエ

今からすべき男の紫外線対策

TKニュース, しみ, ダイエット, たるみ, ミグレ・プリエ

紫外線という言葉を聞くと、7・8月の炎天下の夏の太陽を思い浮かびませんか?

ですがなんと紫外線は、3月から急激に強くなり始め、5〜7月にかけてピークを迎えているのです!!

 

在宅ワークが増え、外出する事が少なくなっているかと思いますが、紫外線は家の中にいる時も降り注いでいる為、油断できません!

うっかり焼けに今から注意しましょう(^^♪

紫外線の種類

紫外線は、波長の長さによってUVA、UVB、UVCの3種類に分けられます。

UVCはオゾン層に吸収されるため、地表には届きにくいです。

私たちの肌に悪影響をもたらすのは、UVAとUVBの2種類です。

紫外線を浴び続けたらどうなる? 

UVAとUVBはそれぞれ肌に影響する内容も異なります。

☆UVA…光老化→シミ・シワ・たるみ

UVA自体のエネルギーはUVBよりは弱いですが、照射量が多く、浸透力が高いので肌に与える影響は深刻になりやすいです(>_<)

肌の奥の真皮層にまで達すると言われており、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す繊維芽細胞に損傷を与えてしまいます。

 

その結果、UVAを浴びた肌は弾力を失いやすくなり、シワやたるみといった肌の老化現象を引き起こしやすいのです。

UVAは更に、メラニン色素の合成を増やしやすい為、シミが目立つ原因をつくってしまいます。

紫外線によって生じるシミ、シワ、たるみは「光老化」と呼び、肌老化の原因でもあります。

☆UVB…日焼け・シミ

UVBは、主に肌の表面で吸収される為、肌の奥の真皮層まで達することはあまりありませんが、UVAより強いエネルギーを持ちます。

浴びたUVBは主に表皮に影響を与えやすく、細胞を損傷し火傷のように赤くなったり(サンバーン)、メラニン色素が沈着して褐色になったり(サンタン)、シミやソバカスの原因にもなります。

日焼け止めの選び方

今はマスクをする事が多いですが、マスクをしているからと安心してはいけません!

普通のマスクは紫外線をカットする効果はないので、紫外線を通してしまいます∑(゚Д゚)

 

マスクをしていても日焼け止めは必須です!忘れないようにしましょう!

そこで!紫外線から肌を守る日焼け止めの選び方をお教えします!

☆【PA】と【SPF】について

*UVAを防ぐには【PA】

UVAに対しては、皮膚の持続型即時黒化(UVAを浴びた数時間後に生じる皮膚の黒化現象)を防御する力をPA値といいます。

効果は、「+」での数で表され、「PA+」~「PA++++」の4段階に分類されています。

「+」の表示が高いほど、UVAに対する防御効果が高いです。

 

UVAは地表に降り注ぐ紫外線の約9割を示しています。

曇りの日や、家の中・車の窓ガラスも透過して肌に影響を与えてしまいます。

 

*UVBを防ぐには【SPF

UVBに対しては、皮膚の紅班(赤く皮膚が炎症する事)を防御する力をSPF値といいます。

1〜50+までの数値があり、SPF「1」に対して、20分の効果があります。

 

時間の目安ですが、例えば、素肌の状態では20分で赤くなる人が、SPF10を使用したとしたら、防御効果20分×SPF10=200分はUVBに対しての日焼け防止が可能という事になります!

数値が大きい方がUVBに対する防御効果が高いことを表しており、SPFの表示については50までを数字で、50以上のものは「50+」と表示されています。

こまめな塗り直し

汗や水、皮脂、タオルやハンカチによる摩擦でその効果は少しずつ落ちてしまっています。( ;∀;)

紫外線から徹底的に肌を守る為には、こまめな塗り直しが必要です。

~塗るときのポイント~

・ムラにならないようにする

・頬の高い部分や鼻などは紫外線が当たりやすいので二度塗りをする

・塗り残しに注意する(まぶた・鼻下・口周り・あごの裏側・首・耳の裏・うなじ)

日常生活にあった日焼け止め

紫外線による影響を避ける為には、SPFやPAの表示は高い方がいいと思いますよね。

表示が高い方が紫外線から肌を守ってくれますが、その分日焼け止めに入っている成分も強くしなければならないので、肌への負担も出てきてしまいます(・・;)

 

目的別に日焼け止めを使い分ける事をオススメします!

・日常生活(家の中・買い物・散歩など) → SPF10~20、PA +~++

・屋外での軽いスポーツやレジャーなど → SPE20~30、PA ++~+++

・炎天下でのスポーツやレジャー・非常に紫外線の強い場所など → SPF30~50、PA ++~++++

男性の皆さん、日焼け止めを買う時に是非参考にしてみて下さい(^O^)

もし分からない事や、シミやシワの改善などでお困りの事が御座いましたら、いつでもプライベートサロンTK forMenのスタッフにお気軽に聞いてくださいませ♪♪

男小顔で高身長になる!イケメン対策!!

TKニュース, しみ, ダイエット, たるみ, ミグレ・プリエ, 紫外線

ちょっと損するかも?!男のデカ顔

最近は女性だけではなく、男性にも「小顔」というワードが流行っています!

小顔男子ブームがきています!!

 

男性の皆さん、普段何気なく生活をしている上でこんな経験や感じた事はありませんか?

 

当てはまる方必見!!

  • ・全身鏡に映る姿の自分を見るとなんだかバランスが悪い
  • ・友人や同僚の方が知的に若々しく見える時がある
  • ・友人や同僚と背は同じなのになぜか自分だけスタイルが良く見えない
  • ・写真に写った自分の顔がハッキリしない

 

これらは全て体と顔のバランスに関係しています。

 

顔が大きいと、、、、

 

  • 身長が低く見えてしまう
  • ・太って見えてしまう
  • ・老けて見えてしまう
  • ・服が似合わなく見えてしまう

 

こんなにも損をしてしまう事が(>_<)

デカ顔の原因は骨格だけじゃない

自分の顔が大きい原因は、生まれつきの骨格の問題だから…。

骨格はどうにもならないし

などと諦めていませんか?!諦めるにはまだ早いです!!(・`д・)!!

 

顔が大きくなってしまう原因を知り、自分に当てはまる事があれば、それらを改善するだけで小顔を手に入れられるかもしれませんよ(^-^)/

原因1    顔のむくみ

浮腫はリンパの流れが悪くなる事で、余分な老廃物や水分が貯まってしまっている状態です。

顔がパンパンになったり、目が腫れぼったく感じる事があります。

 

お酒の飲みすぎや、塩辛いものなど塩分の摂り過ぎは、体内の塩分濃度が高くなりそれを元に戻そうと体の中の水分が余計に出て溜め込んでしまい浮腫に繋がります。

特に、外食や飲みが多い男性こそ浮腫やすいので要注意を!

原因2   顔周りの脂肪

人間は年齢と共に代謝が下がり、燃焼しにくい身体になってしまっています。

若い頃と同じ食生活をしていると代謝が追いつかず、結果的に脂肪となって蓄積され身体全体についてしまいます。

 

顔が大きくなったと感じるのは、やはり体重増加によって顔に脂肪がついてしまう事です。

顔は普段毎日見ているので変化が1番早く気づくのではないのでしょうか。

原因3   顔のたるみ

顔のたるみは肌の奥にある真皮層という所のコラーゲンやエラスチンの減少やダメージにより起こります。

原因は加齢によるものだけではなく、紫外線や乾燥によっても起こります。

男性は女性より日常的に日焼け止めを塗る習慣が少ない為、紫外線の影響によるたるみが多く見られます。

 

又、筋肉の衰えもたるみの原因の1つです。

笑う・泣く・怒るなど表情を作る時に使う口輪筋や笑筋、頬筋、眼輪筋など表情筋が顔にはありますが、この表情筋が衰えてしまうと顔がたるみ、重力に引っ張られ暗くデカ顔に見えてしまいます。

 

骨格が原因ではなく、気づかないうちに自ら顔が大きくなってしまう原因を作っているかも?!

世の女子からの扱いが変わる小顔男になる方法

誰だって目鼻立ちがくっきりして、顔が小さくバランスの整ったスタイルになりたいですよね!

小顔になるだけで首が長く、フェイスラインがスッキリするので身長が高く見えてきます。

自分に自信が持てる「小顔男」になれる方法を伝授致します!!

浮腫まない食生活

実は日常でよくあることが浮腫みの原因に繋がっています。

日頃の食事で食べるラーメンやステーキ、パスタなどとても美味しですよね。

お酒のおつまみやちょっとしたファーストフードなども、普段食べているもののなかには塩分が意外と多く含まれています。

 

塩分には、水分を体内にため込みやすくする性質があります。

体内には、ナトリウム濃度(塩分濃度)を常に一定に保つ働きがあり塩分を過剰に摂取してしまうと、

ナトリウム濃度のバランスをとる為体内水分量が多くなり、浮腫みに繋がります。

塩分を過剰に摂取してしまうと、ナトリウム濃度を水分で一定に戻す働きが起こる為、

身体の中の水分量が多くなり、浮腫みに繋がります。

日頃の食生活の中で塩分の多い食事の頻度を落とすようにしてみましょう!

・タンパク質を摂る

タンパク質は血管内外の水分量の調節に働きかける栄養素でもあります。

普段の食事にタンパク質が少ないと浮腫みやすくなる事もあります。

肉、魚、卵など意識して摂取してみて下さい。

・カリウムを摂る

体内の水分バランスは、カリウムとナトリウムのバランスによって調整されています。

このバランスが崩れると、浮腫やすくなってしまいます。

カリウムには、体内の余分な水分を排泄する働きがある為、浮腫防止に繋がります。

カリウムが豊富に含まれている食材はアボカド、キウイ、ほうれん草などに多いです。

・水分を摂る

体内の水分が多い事で浮腫やすくなるというイメージもありますが、実は、水分が足りずに浮腫むことの方が多いのです。

足りない水分を体内がため込む事で浮腫が起こります。

その為にこまめに常温の水を飲み、お手洗いの回数を増やし排泄を意識するようにしましょう。

溜め込むのではなく、体内の入れ替えが重要なのです。

効果的なリンパマッサージで小顔へ

マッサージでリンパや血液の流れを促進すれば、老廃物の排泄が進み、栄養や酸素が細胞の隅々まで行き渡るようになり、肌が活性化し、浮腫やたるみ解消に繋がります。

 

顔には、耳の所にある「耳下腺」・顎の所にある「顎下腺」・鎖骨にある「鎖骨リンパ節」という重要なリンパ節があります。

リンパマッサージをする時はこのリンパ節の流れに沿って行うととても効果的です。

 

顔の中央から左右の耳下腺→顎下腺へと流し、そのまま首へ下ろして鎖骨リンパ節がある鎖骨へ流して行きます。

しっかり老廃物を流すイメージでオイルやクリームを使って優しく流して下さい。

 

顔のマッサージをする時はこのリンパ節の流れを意識して行い、より効果を実感してみて下さい!

プライベートサロンTK for Menにもフェイシャルのコースがございます。

浮腫を取るだけではなく、顔の筋肉のコリ、たるみ、シワ、歪みも改善していきます。

コース後はスッキリと若々しく目鼻立ちがくっきりした男前の小顔を手にできます!!